【退職金サポート】退職金について紹介!

退職金の相場、使いみちなど様々なことを紹介するサイトです!

10月 28, 2015

早期退職の方が退職金は多いの?

会社の業績などの都合で、企業は希望退職者を募ることがあります。
そして、希望退職にて早期退職をした人には、
退職金を「これだけ」上乗せすると会社が明確に説明した場合には、
その通り退職金は早期退職者のほうが、定年退職者よりも多くなります。

しかし、定年退職の場合は1ヶ月で受け取ることが可能な雇用保険の失業保険金も、
希望退職では3ヶ月先にしか受け取れません。

また、公務員の場合は、元々失業という概念がないため、
雇用保険が掛けられておらず、失業保険金を受け取ることもありません。

ですから、すぐに次の勤め先を退職前に見つけて、
退職と同時に次の職場で働かないかぎり、
生活費を稼ぐことが出来ない期間が出来てしまうのです。
つまりその間の生活費が、退職金の上乗せ分であり、
それで賄うために会社は退職金を多く支払うというわけです。

しかし、そんなことをしてまで、
会社はなぜ早期の希望退職者を募るのでしょうか。
それは定年までその人に働いてもらって給料の支払いを続けるよりも、
退職金の上乗せをして早期に退職してもらったほうが、
会社は金銭的負担が軽くなって助かるからです。

そのようなからくりを見極めて、
本当に自分にとってよいのはどちらか考えるべきです。

10月 28, 2015

退職金の使い道

長年頑張って働いてきた会社を退職する時には、
退職金をもらえることがあります。
その退職金はどのような使い方をすればいいのでしょうか。

退職金の使い道としてはいろいろあります。
長年頑張ってきた自分へのご褒美として、
旅行に行くようにしてもいいでしょう。

働いていた時には長期休暇を取ることが出来なかった人でも、
これからはいつでも行きたいところに行くことが出来るようになりますので、
海外旅行にも行くことが出来るのです。

その他の使い道としては、まだ住宅ローンが残っているのであれば、
住宅ローンの繰り越し返済に使ってもいいでしょう。
その際には銀行ローンを併用して利用してもいいかもしれませんね。

繰り越し返済をして完済をすることによって、
今後のローンの心配はなくなりますので、
月々の出費が少なくてすむようになります。

いくらたくさん退職金をもらったからと言っても、
娯楽費ばかりにお金を使ってはいけません。

これから働く予定がないのであれば、毎日の生活費が必要になりますので、
退職金を切り崩して生活費にあてていくようにしなくてはならないからです。

生活費は月々どのくらい必要なのかを考えていきながら、
自分の生活を守っていかなくてはなりませんので、
計画的にお金を使うようにしていくといいでしょう。

さもないと後で後悔することになるでしょう。
例えば、複数社からの借入する事になり借金だらけになってしまったり、
返済できずに頭を悩ますことになってしまったり、、、と
そうならないためにも計画的に使うことにしましょう。

後悔

10月 28, 2015

職種別の退職金の相場

地方公務員の退職金の相場は、
勤続年数が35年度、事務職で2,000万円程度です。
定年時の役職により若干の違いがあります。
部長等の市の最高幹部で2,500万円程度。
課長クラスで1,800麺円程度です。

職種によっての退職金の相場は違ってきます。
清掃作業員や庁務作業員のような、現業職の場合は1,200麺円程度です。
退職金の相場は、勤続年数に比例し、金額が上がります。
勤続年数が5年未満の場合は、退職金は何十万円程度です。

地方公務員であっても、東京都職員なのか、23区職員であるのか、
政令都市の職員か、中核市の職員なのか、一般市町村の職員なのかで、
雲泥の差があります。もちろん、地方公務員で一番高いのは東京都職員です。

一般市町村でも、その人口規模により差が生ています。
東京都近郊にある人口規模20万人程度の市町村は
2、000万円程度が平均的ですが、
地方で人口規模が5万人程度の市町村では1,000万円程度です。

地方公務員の退職金の相場は、
人口規模、都会か地方か、職種がなにかにより大きく左右されます。
ゆえに、地方公務員をひとまとめにするのは、なかなか難しいところがあります。
しかし、あえて、金額を提示すらば、
1,000万円から2,500万円ということになります。